trevor-hornトレバー・ホーンの名前をご存じなくても、彼がプロデュースを手掛けてきたたくさんのアーティストの名前を聞けば、そのすごさをご納得いただけるでしょうか:

イエス、シール、マイク・オールドフィールド、ペット・ショップ・ボーイズ、ティナ・ターナー、トム・ジョーンズ、シェール、ポール・マッカートニー、ロッド・スチュワート、ブライアン・フェリー、アート・オブ・ノイズ、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド、ABC、t.A.T.u.、プロバガンダ、グレイス・ジョーンズ、リサ・スタンズフィールド、などなど。

そんなトレバー・ホーンの創り上げてきた奥深い音の世界を、ぜひ、ご紹介させて下さい!

トレバー・ホーンは1979年、ジェフリー・ダウンズとのユニット「バグルス」を結成し、エレクトリック・ポップのヒット・チューン『ラジオ・スターの悲劇』を生み出しました。ロボット・ボイスがポップな、とっても愛らしいチューン。トレバー・ホーンの原点を知るには、やはりここからお聞きいただきましょう:

トレバー・ホーンが1983年にプロデュースし、デヴューしたのが「アート・オブ・ノイズ」です。

当時最新鋭だったフェアライト・シンセサイザーによるサンプリング・サウンドを大胆にフィーチャーした前衛的なユニットで、御大トム・ジョーンズにプリンスの「Kiss」を歌わせて大ヒットを飛ばしたり大活躍でした:

 

1983年、トレバー・ホーンはイギリスのエレクトロ・ポップ・バンド「ABC」をプロデュース。「ルック・オブ・ラブ」は全米18位のスマッシュ・ヒットとなります。さらに同年、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドによる「リラックス」は、全米10位の大ヒットになりました:

トレバー・ホーンのプロデュースの特徴は、「対象となる音楽を徹底的に磨き上げる」ということです。

コンピューター技術を駆使して造り込まれるそのサウンドは、極限まで洗練され、とてつもなくゴージャスな音響空間となって聞き手に迫ります。

あまりに造り込むので、時として「オーバー・プロデュース(やりすぎ)」と批判されることもありました。

確かに彼のプロデュースは、アーティストの個性と自主性に任せるスタイルの対極にあるといえます。アーティストは、時としてトレバー・ホーンと一体化し、あるいはトレバー・ホーンの道具と化したかのように思われるときさえあります。

例えばシールは、従来のブラック・ミュージックにない洗練されたスタイルで、1995年にはトレバー・ホーンに初のグラミー賞をもたらしましたが、どこまでがシール本人の才能で、どこからがトレバー・ホーンの手によるものか、判然としないともいえます。まさに「一体化」!

それでは、1991年のシールのデビュー・アルバムから『ワイルド』をお聞きください:

1983年、トレバー・ホーンが一時加入したイエスから脱退し、プロデューサーとして手掛けたアルバムが『90125』です。

シングル・カットされた『ロンリー・ハート』は、イエスにとって初の全米ナンバー・ワンに輝きます。

サンプラーによるオケ・ヒットを大胆に使い、タイトなリズムに、イエスらしいプログレ風味と、ポップなアレンジが共存。今聞いても、トレバー・ホーンのプロデュースの職人芸にホレボレします:

さて、アート・オブ・ノイズが1999年、トレバー・ホーンのプロデュースの元に再結成され、発表したのが『ドビュッシーの誘惑』です。

ドビュッシーはいうまでもなく、19世紀フランスが生んだ偉大な作曲家で、「月の光」や「亜麻色の髪の乙女」など超有名ですね。そのドビュッシーの代表的メロディーをモチーフに、現代的な音響技術の粋をつくして再構成したのが、この作品です。

アン・ダドリーほかアート・オブ・ノイズの旧メンバーに加え、元10ccのロル・クレームまで参加。トレバー・ホーンはプロデューサーとして全体の指揮をとると同時に、あらゆる技術を駆使してサウンド全体を作り上げていきます。

アンビエント・ミュージックとしても、あるいはシリアスな実験音楽としても、聴き手の好みによって自在な世界が広がる野心作。クラッシック・ファンにもポップ・ファンにもぜひ聴いていただきたいです:

最後に、ロシアのお騒がせデュオ「t.A.T.u.」はみなさん良くご存知ですよね。先頃のモスクワ・オリンピックでも、ロシアを代表する国際的スターとして堂々と登場してくれました。

あのt.A.T.u.をプロデュースしたのもトレバー・ホーンだったんですねー。あらためてお聞き下さい!:

もうキリがなくなって来ました。トレバー・ホーンの広大なキャリアをまとめて楽しんでいただくには、2004年にトレバーのデビュー25周年を記念して開催されたコンサートのDVDをご覧いただくのが一番でしょう:

<トレバー・ホーン:関連記事>