ミケランジェリのドビュッシーは、空前絶後だ!

michelangelliアート・オブ・ノイズを再発掘しはじめたら、やっぱり「ドビュッシー」だろうと。

それで「ドビュッシー」なら、やっぱり「ミケランジェリ」しかいないだろうと。

私のもっとも好きなピアニスト、アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ

また、また、はまってしまっております・・・。


ミケランジェリはイタリアのピアニストで、1995年に亡くなりました。やたらコンサートをすっぽかすなど奇行の持ち主として有名で、いわゆる「王道」という風には決して言われないヒトです。

でも、そんな世間の評価なんかどうでもいい。

とにかく、彼のドビュッシーは、空前絶後だ!


極地は、「映像 第1集」の冒頭、「水に映る影」です。

ピアノという楽器を極限まで磨き込みながら演奏する。静寂のなかを、はかり知れない陰影に富んだ、和声が広がってゆく。

繊細なんて生易しいもんじゃない。ほとんど狂気に近い、細部への徹底的なこだわり。
触れると、傷ついてしまいそうな。澄み切った緊張感のなかに咲きみだれる、「美」そのもの・・・。

こういうピアノは、とにかく聴いたことがありません。
え?ギーゼキングが最高?冗談じゃありません。本当に聴き比べたことあるんでしょうか?
は?グレン・グールド?かんべんして下さい・・・。
死ぬ前に一度でいいから、ミケランジェリを聴いてみて下さい。だまされたと思って。

「つまるところ人生とは、一冊の本、一曲の音楽、一人の女性を求める旅」

私は、ミケランジェリに出会いました。

「映像」に興味をお持ちの方はこちらから(ドビュッシー:前奏曲集 第1巻、映像第1集、第2集)
「音楽の殿堂」で、ミケランジェリへのさらに深い想いを・・・。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です