「パシフィック・リム」と「ウルヴァリン:SAMURAI」どっちも思いっ切り日本なんですね

日本でも夏公開だったので、多くの方が既にご覧になったと思いますが、わたしは飛行機の中で初めて見ました。いや〜この映画、2本とも思いっきり「日本」なんですね!!!
まず、「パシフィック・リム」。なんせ、原語でも怪獣のことを「カイジュー」って言うんだからすごい!そして、素晴しいのが菊池凛子。もろに主役で、カッコイイのひとことです。彼女は日本じゃまだまだ無名ですけれど、これでハリウッドにしっかり根をおろしましたね。ついでに芦田愛菜ちゃんもご愛嬌。

そして、「ウルヴァリン:SAMURAI」。これは舞台自体が思いっきり日本。ヒュー・ジャックマンが新幹線に乗って、忍者やサムライ相手に大暴れします。ヒロインは、ここでも日本じゃ無名(?)のTAOというモデルの方と、福島リラという方。二人ともメインキャラクターとして大活躍ですし、なにしろカッコイイ!

で、これは一体なんなんだろうと改めて思います。もちろん、カイジューもフィギュアも、忍者もサムライも、日本が世界に誇るキャラクターではあったのですが、なんか今回はちょっと違う気がします。珍しがられていた段階を完全にすぎて、はっきりと「日本文化」として定着と言うか。ちょっと誇らしい気持すらするんです。そして、ここが最も興味深いのですが、日本人が自信をすっかりなくしたこの時。ジャパン・パッシングと言われて久しいですし、世界における日本のプレゼンスも下がる一方。こんな日本を、なぜハリウッドは今採り上げるのでしょう????しかも、どちらの映画も世界中でメガヒット中という。う〜ん、我々はすっかり無視されていたのではなかったのか?????皆さま、どう思われますでしょうか???1208492_554853031262105_1843326196_n

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です