村上春樹『アフター・ダーク』:「愚作」としか思えません

世間で評判の高いものを理解できない時、ちょっとつらいです。
例えば、村上春樹もそう。今まで読んだことのあるのは「海辺のカフカ」だけですが、取り敢えず、共感はできなかった。
それでも、よせばいいのに、何とか理解できないものかと取り組んでみるのがわたしの悪いくせ。
で、今度は『アフターダーク』っての読んでみました。
しかし、これまた想像を超えて『愚作』としか思えません・・・。これを前向きに評価できる人っているんでしょうか?ほとんど素人に近いような陳腐なストーリーと語り口。もう「唖然」に近く、読んでられません(一応読みとおしましたけど)。世界の村上春樹ってこれなんでしょうか?(Amazonの書評とか読むとけっこう評価分かれる作品みたいですけれど。トライする作品まちがえたのかな?)
村上春樹、決定的に駄目だしする前にもう少し読んでみるかどうか、かなり迷います・・・。

781db560

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です