今度は、無性にロックが・・・。

やたらクラシック漬けの日々が続いてたんですが、なんだか今度は無性にロックが聴きたくなってしまいました。一体なんなんでしょうね?ビートの無い世界にも限度があると・・・。

きっとベック様の晴れ姿を見たからだ。

そこで、ワン・チャン*(Wang Chung)の「エヴリバディ・ハズ・ファン・トゥナイト」。

轟音でフリーウエイをぶっ飛ばしたぜ。

それはそれで、また激しく快感。。。。


*ワン・チャン(Wang Chung)〜ほとんどの方が覚えてもいないでしょうけれど、80年代後半のブリティッシュ・ニューウエイブ系のバンドです。ウィリアム・フリードキンの映画「To Live and Die in L.A. 」のサントラを担当したり、けっこうヒットを出しました。クールな感じでとっても好きだったんです。
ご興味のある方は、下をご覧下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です