レベル42

level4280年代に「レッスンズ・イン・ラヴ」などのファンク・ナンバーでヒットを飛ばしたレベル42。イギリスの4人組で、マーク・キングのベースとヴォーカルが絶品でした。

彼らとアラン・ホールズワースとは、ドラマーのゲイリー・ハズバンドを介して関係があったわけですが、レベル42のアルバムに、ホールズワースがこんなに本格的に参加していたとは知りませんでした。

1991年発表のアルバム「ギャランティード」。下り坂に差し掛かったレベル42が残した、上質のアルバムです。はっきり記載されていませんが、ホールズワースは5曲でプレイしているよう。どれもはっきり「彼」と分かる定番のギターソロで、聴き応え満点です。特に、8曲目の「A Kinder Eye」なんて、ほかで聴けないほど気合の入った絶品のソロが長時間聴けます。こんなにフィーチャーされてるんだったら、早く買っとけばよかった!

ということで、遅ればせながらCDを入手した次第です。廃盤ですが、比較的手には入りやすそうですので、アラン・ホールズワース・ファンの方はぜひどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です