フランシス・ダナリーが動きはじめた!

itbitesイット・バイツ(It Bites)」ホントに好きでした。

というか、好きです。

80年代のプログレでは、ダントツでしょう。

大御所(ジェネシスイエスEL&Pピンク・フロイドキング・クリムゾン)に次ぐほど、と言ってもイイです(やっぱり、PFMフォーカスジェントル・ジャイアントの次ぐらいかな・・・)。

それぐらい、惚れ込んでおります。

最高傑作は、「ワンス・アラウンド・ザ・ワールド」。必聴です。

そのIt Bitesを引っ張って行ったのがフランシス・ダナリー

ピーター・ガブリエルを思わせる、ちょっとクスんだクセのあるヴォーカル(実際、フィル・コリンズ脱退後、ジェネシスのオーディションに参加)。あくまでもロック・フィーリングを失わない、エネルギッシュなギター・ワークで、「若さに満ちあふれた、ポップなプログレ」を展開してくれました。

フランシス・ダナリーは、90年にIt Bitesを脱退(最近、フランシス抜きで再結成しましたがイマイチです・・・)。

以降、これまでに8枚ほどソロ・アルバムを出してますけど、はっきり言って、売れてる状況とはほど遠いです。アコースティック・ギターの弾き語りといった、味はあるけど地味な活動ぶり。ロバート・プラントのツアーに参加したのが、ハイライトと言えるぐらいでしょうか。

ところが、2005年になって、動き始めます!

イエスクリス・スクワイアピーター・バンクスの在籍していた伝説のプログレ・バンド「The Syn」が再結成。そのツアーにダナリーが参加したというわけです。

さらに、The Synは今年に入ってニュー・アルバム「Big Sky」をリリース。フランシス・ダナリーが、プロデューサー、コンポーザー、ギタリストとして参画し、アコースティックな現代的プログレを生み出しました。

ところが、彼はまた脱退。。。今度は、「New Progressives」という、意味ありげな名前の新バンドを結成です。

要するに、ひとところに落ち着けないヒトなんですね。

とにかく、暴れはじめそうなフランシス・ダナリー。要注目です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です