ダ・ヴィンチの《音楽家の肖像》

ダ・ヴィンチの《音楽家の肖像》が初来日ということで、見てきました。今月末まで、上野の東京都美術館で開催中の「レオナルド・ダ・ヴィンチ展ー天才の肖像」です。

ミラノのアンブロジアーナ絵画館からやって来た「肖像」は、ダ・ヴィンチのほかのマスターピースと比べると、完成度がイマイチとか、他人の作とか言われたりしますが、実際、「それほどでは・・・」というのが正直な感想です。むしろ、そのほかの「手稿」を見て、ダ・ヴィンチの想像を絶する「天才」を、あらためて体感できた気がします・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です