セルジオ・メンデスの大ヒット:『愛をもう一度』

1983年、それまでやや低迷状態にあったセルジオ・メンデスが心機一転、単独名義で出した『愛をもう一度 / NEVER GONNA LET YOU GO』が全米4位の大ヒットになりました。

作詞;シンシナ・ワイル、作曲;バリー・マンという強力ソングライター・チームによって創られた傑作バラードで、プロデュースはセルジオ・メンデス自身が担当、AOR史上に残る傑作の誕生です。

1984年10月3日、 昭和女子大 人見記念講堂でのライブ映像をご覧ください:


bt-amazon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です