セルジオ・メンデスのボックス・セット:やっとゲット!

6693891日本でも「セルメン」の愛称で親しまれたセルジオ・メンデス。

1966年の「マッシュ・ケ・ナダ」の大ヒットで、ブラジル産のボサ・ノバを世界中に広めたその功績はとても大きなものがあります。

このボックス・セットは1996年、ポリグラム・ブラジルで制作された4枚組みで、セルジオ・メンデスのミュージシャンとしてのキャリアを総括するものなんですが、これがいくら探しても見つからない!

なにしろ日本はおろかアメリカ、ヨーロッパ、さらに本国ブラジルでも、実際にサン・パウロとリオ・デ・ジャネイロのCD屋を訪ねて探しまわりましたが、とにかく無理だったのであきらめておりました。

ところがついこの前、暇つぶしにふと見たAmazon USに、なんと1セットだけ「中古」で突然リスト・アップされからたまげます。もちろん何も考えず即ゲット。お値段も、送料ふくめ$114と大変リーズナブルでした。

神様ありがとう!

セルジオ・メンデスのアルバムは、今でもほとんど入手可能なんですけれど、みんなきちんとリマスターされてるわけではありません。このボックスでは、統一したデジタル・リマスタリングがほどこされ、音質的にも上々です。

また豪華カラー・ブックレットも付属していますが、一部英語で書かれているものの、ほとんどポルトガル語というシロモノ。まったく手に負えないので、ただ写真をながめています・・・。

CD4枚組みで、セルメンの現在まで続く長い音楽キャリアを俯瞰するということで、CD一枚づつうまくまとめられています。つまり:

  • 1961年のデビューから「ボサリオ」での活動期
  • 1965年のブラジル’65の結成からブラジル’66まで
  • 1966年「マッシュ・ケ・ナダ」のヒットから世界進出へ
  • 再びソロとなって以降、現在の多彩な活動まで

曲目は下記のとおりです:

CD 1:
1. OBA- LÁ-LÁ – DO ÁLBUM “DANCE MODERNO”
2. OUTRA VEZ – ”
3. TRISTEZA DE NÓS DOIS – ”
4. DISA – ”
5. ELA É CARIOCA – C/ BOSSA RIO, DO ÁLBUM “VOCÊ AINDA NÃO OUVIU NADA!”
6. O AMOR EM PAZ – C/ BOSSA RIO – ”
7. COISA N 2 – C/ BOSSA RIO – ”
8. DESAFINADO – C/ BOSSA RIO – ”
9. PRIMITIVO – C/BOSSA RIO – ”
10. NANÃ – C/ BOSSA RIO – ”
11. CORCOVADO C/ BOSSA RIO – ”
12. NOA NOA – COM BOSSA RIO – ”
13. GAROTA DE IPANEMA – C/BOSSA RIO – ”
14. NEURÓTICO – C/BOSSA RIO – ”

CD2:
1. BATIDA DIFERENTE
2. A RÃ (THE FROG)
3. INÚTIL PAISAGEM
4. SLOW HOT WIND (a partir desta faixa, gravações originais como Sergio Mendes & Brasil 66)
5. CANTO TRISTE
6. PAÍS TROPICAL
7. FOR ME (ARRASTÃO)
8. CANÇÃO DO NOSSO AMOR
9. LAIA LADAIA (REZA)
10. YÊ-MELÊ
11. APÓS O AMANHECER (AFTER SUNRISE)
12. SITTIN ON THE DOCK OF THE BAY
13. SALT SEA
14. VIRAMUNDO

CD3: (gravações originais como Sergio Mendes & Brasil 66)
1. MAS QUE NADA
2. GOING OUT OF MY HEAD
3. DAY TRIPPER
4. FOOL ON THE HILL
5. SCARBOROUGH FAIR
6. SO MANY STARS
7. NIGHT AND DAY
8. WITH A LITTLE HELP OF MY FRIENDS
9. LIKE A LOVER (O CANTADOR)
10. THE LOOK OF LOVE
11. PRETTY WORLD (SÁ MARINA)
12. WHATCH WHAT HAPPENS
13. WAVE
14. DON´T YOU WORRY ´BOUT A THING

CD 4: (gravações do final dos anos 1970, 80 e 90)
1. THE WATERS OF MARCH (ÁGUAS DE MARÇO)
2. DOUBLE RAINBOW (CHOVENDO NA ROSEIRA)
3. CARNAVAL (FESTA DO INTERIOR)
4. NEVER GONNA LET YOU GO – com vocal de John Pizzulo
5. MORRER DE AMOR – vocal de Gracinha Leporace
6. OLYMPIA – cocal de Joe Pizzulo
7. THE SOUND OF THE SONG (DEPENDE DE NÓS)
8. WHAT DO YOU MEAN TO EACH OTHER
9. PIPOCA*
10. SARARÁ MIOLO (BRING ME THE SUNLIGHT)
11. CINAMOM AND CLOVER (CRAVO E CANELA)
12. ESCONJUROS*
13. LUA SOBERANA
14. MAS QUE NADA (VERSÃO 1992)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です