ケイト・ブッシュのリマスター・ボックス・セットが出ます!

これは、あまりにもうれしいニュースです!

ケイト・ブッシュの全アルバムが、リマスターされ、二つのCDボックス・セットになって発売です。

第1弾は、1978年のデビュー・アルバム『天使と小悪魔』から、1993年の『レッド・シューズ』まで。

・The Kick Inside (1978)
・Lionheart (1978)
・Never for Ever (1980)
・The Dreaming (1982)
・Hounds of Love (1985)
・The Sensual World (1989)
・The Red Shoes (1993)

第2弾には、2005年の『エアリアル』から、2016年の最新ライブ、さらにリミックスやシングルB面特集も添えて。

・Aerial (2005)
・Director’s Cut (2011)
・50 Words for Snow (2011)
・Before the Dawn (2016/ライヴ)
・12″ Mixes
・The Other Side 1 (B-sides)
・The Other Side 2 (B-sides continued)
・In Others’ Words (covers)

発売は11月。アナログ・LPボックスセットも出ます。

で、今のところ、ケイトのオフィシャル・サイトだけで、予約を受けつけているようですね(➡️こちらです。ひと箱9000円ぐらい)。

なにしろ信じがたいことに、ケイト・ブッシュは、いまだかつて、旧作をほとんどリマスターしたことがありません(正確には2011年、『Director’s Cut』というアルバムで、なぜか『The Sensual World』と『The Red Shoes』の2作だけ「再構成」ということで採り上げ、リマスターもしました。しかし、少なくとも、デビューから5作まで(全盛期!)は、一切リマスターされたことがないんです!)。

尚、2006年に『This Woman’s Work』というボックス・セットも出ましたけれど、あれも残念なことに、リマスターされてなかったんですよねー・・・。

今回は、ケイト本人の全面的監修のもと、ピンク・フロイドのリマスターも手掛けたジェームス・ガスリーがリマスタリングするそう。そのクオリティには、期待が持てますね。

ということで、久我としてはひたすらうれしく、コレは無条件で買うしかありません!(また、ご報告いたします!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です