キャプテン&テニールのキャプテンが亡くなりました

キャプテン&テニールキャプテン、ことダリル・ドラゴンが亡くなってしまいました。享年76歳。

キャプテン&テニールは、ヴォーカリストのトニ・テニールとキーボードのダリル・ドラゴンのデュオで、二人は2014年に離婚するまでご夫婦でもありました。

1967年から、ビーチ・ボーイズのキーボード担当として参加していたダリル・ドラゴンが、バック・ヴォーカルで加入したトニ・テニールと、一緒にツアーしたのが二人の馴れ初めとか。

1975年にのデビュー・シングル『愛ある限り(Love Will Keep Us Together)』は、いきなり全米1位、グラミー賞獲得と大ヒット。ニール・セダカの楽曲をアレンジしたのがダリル・ドラゴン。たくさんのキーボードを駆使し、超楽しいポップ・チューンを作り上げました:

キャプテン&テニールは、その後も、トニ・テニールの素晴らしい歌唱力と、ダリル・ドラゴンのアレンジやプロデュースの才能を武器に、多くのヒット曲を生み出して行きました。

サード・シングルの『君こそすべてThe Way I Want to Touch You)』も全米4位のヒット。

ふたたびニール・セダカの楽曲を採り上げた『ロンリー・ナイト(Lonely Night[Angel Face])』も全米3位の大ヒット:

1976年の『マスクラット・ラヴ』も、元々は「アメリカ」の曲なんですけれど、ダリル・ドラゴンのアレンジとトニのヴォーカルが絶品で、これまた全米4位:

https://www.youtube.com/watch?v=OYtlohxOrIY

77年の『雨に想いを(Come In From the Rain)』は、チャート的には今ひとつでしたけれど、大名曲でした。作詞はキャロル・ベイヤー・セイガー、作曲はメリサ・マンチェスター。トニ・テニールの熱唱をお聞きください。

しばらくヒットから遠ざかっていたキャプテン&テニールですが、1979年に『Do That To Me One More Time』でふたたび全米一を獲得。作詞・作曲トニ・テニール、編曲・プロデュース、ダリル・ドラゴン。夫唱婦随のステージをどうぞ:

https://www.youtube.com/watch?v=8ZSyH-ZpIlk

キャプテン、素晴らしい音楽の数々本当にをありがとう!どうか、安らかにおやすみください・・・。

➡️一家に一枚「キャプテン&テニール」はこちらです:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です