「ユリシーズ」第一巻読みました

ジェイムス・ジョイスの「ユリシーズ」第一巻を読みました。

文学史上最高の傑作のひとつと言われておりますが、正直、ただ苦しいだけであります・・・。今まで、プルーストの「失われた時を求めて」とか、色々難物にもチャレンジしてきましたが、これは「極北」です。もともと日本語にすること自体が難しい本を、膨大な注釈と共に訳してますので、もう何がおこっているのかよく分からんです・・・。

はい、わたくし全く文学的素養ないです・・・。降参・・・。

しかし残り3巻、死んでも読むぞ。もう、ただ義務だけ。ほとんどサド・マゾ!

225563_10151450558520999_1718304526_n

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です