そのマイケル・フランクスをプロデューサーとして手掛けたのが、ジェフ・ローバー。自身のバンド「ジェフ・ローバー・フュージョン」でデビューしたのが1977年ですから、ジャズ・フュージョン界の超ベテランですね。多彩なキーボードを繰り出し、徹頭…

Posted by ミュージック・ライフ on 2015年6月3日