そのフランシス・ダナリー、昨年11月の「バンド編成」でのステージ模様。it Bitesの名曲『ワンス・アラウンド・ザ・ワールド』をやってくれます。これだけギターを弾きこなしつつ歌い込める。とにかく、音楽を完全に自分の血肉とし、再現しきる…

Posted by ミュージック・ライフ on 2015年8月10日