「究極のアーティスト:キング・クリムゾン」をアップデートしました

ブラッフォードつながりということで、お話は、必然的にキング・クリムゾンへ。
久我の、やや偏屈な意見には、ご批判もあろうかと思いますが、ぜひ、ご覧ください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です