デニース・ウィリアムス「ソング・バード」:何年待ったことでしょう。。。

deniece-williamsデニース・ウィリアムスの1977年のセカンド・アルバム「ソング・バード」。

苦節33年、やっと初CD化です。

涙ちょちょ切れます。

デニースのアルバムは全てCD化されているのに、これだけとにかく出ませんでした。レコード会社を移籍したり、権利関係で色々あったからなんでしょう。

で、これが最高傑作なんだから困ります。

プロデュースはあのアース・ウィンド&ファイアーの始祖モーリス・ホワイトアル・マッケイラリー・ダンフレッド・ホワイトなど、アース黄金期のメンツが出そろって、本気でサポートしてるんですから悪かろうはずありません。

デニース・ウィリアムスは、魅惑の4オクターブ・ボイスでニューヨーク・タイムズの記事になったほど。とにかく、その可憐なハイトーンボイスが最大の魅力です。1984年、映画「フットルース」のサウンドトラック「Let’s Hear It for the Boy」で、全米1位にもなりました。

とにかくおすすめです!

デニース・ウィリアムスの「ソング・バード」はこちらです。

1 個のコメント

  • CD初出と書きましたが、’94年にSONYから発売済と判明しました(NICE PRICE LINE / SRCS 6432)。申し訳ありません。お詫びして訂正致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です