シール見ました

img_1276_compressシールのコンサート見てきました。

それほど広い会場ではなかったんですが、満員の観客にちょっとびっくり。そこそこ、アメリカでも人気高いんだと、素直にうれしくなりました。

で、ショーとしては、最新アルバム「ソウル」からの曲が多く、ちょっとした「ファンキー&ディスコ大会」的色彩が強かったです。場内は、立ちっぱなしのダンスホール状態。お姉さん方を次々ステージに上げて、一緒にくねくねダンスという、「お決まり」っぽいノリもありました。

会場は大興奮・大満足。ショーとしての完成度も高かったのですが、デヴューからのコア・ファンとしては、多少不満です。

何と言っても、デヴィット・フォスターがプロデュースした「ソウル」が気に入らない。

シールにソウルのカバー歌わせてどうすんのよ!上手に決まってるんだけど、何も面白くない。シールのすごさは、黒人なのに、ソウルやR&B、ラップやファンキーといった「典型的ブラック・ミュージック」と全く一線を画したところにあるんです。きわめて洗練された、近未来的ともいえる新しい音楽。そこにこそ、彼の「誰にも似てない個性」が光ってるんです。

その中心をなしていたのが、プロデューサーのトレバー・ホーン。彼と組んだ、デヴューからの4作がシールの全てなんです。

でも、ちょっと不満っぽく言いましたけど、ライブのシール見れて幸せでした。なんせ、とにかく、

カッコイイ!

→ シールを感じるには、まず下記の「ベスト」盤から。そして、パリ・ライヴのDVD!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です