カイリー・ミノーグの新作「アフロディーテ」久々に良いです。

kylie-aphrodite誰がなんと言っても無条件で大好きなカイリー・ミノーグ

ただ最近の彼女は、とにかくセクシー路線をひた走り、アメリカ進出へのかなわぬ幻影を追い求めているような印象で、少々痛々しかったです。アメリカ以外は世界中を征服できたんだから、もうイイじゃない・・・。

だから、お願い。もうちょっと昔の、カワイイカイリーに戻ってほしい。でんど〜にとっては、2000年の「ライト・イヤーズ」あたりが限界です・・・。

ということで、この新作ですが、基本的には最近のセクシー・ダンス路線。アルバム・ジャケットもDVD映像も、これでもかとばかり迫ってきます。

ただちょっと違うのは、あっけらかんと健康的といいますか、単純に明るく楽しい。最近の、変に色っぽさを求めた暗めの思わせぶりな曲とか、そういう部分がほとんどありません。それがプロデューサー、スチュアート・プライスマドンナなど)の考える「今」なのか。とにかく、カイリーが本来持つ「可憐な育ちの良さ」みたいなものが戻ってきて、とっても好感が持てます。ゆったりとシンプルなダンスビートで、飽きさせません。これは久々のおすすめです!

カイリー・ミノーグの「アフロディーテ」はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です