art-of-noise-50dfd27c82328大プロデューサーのトレバー・ホーンが創始した、イギリスのユニークな音楽家集団「アート・オブ・ノイズ」。

彼らの活動は長期にわたり変幻を遂げており、その実態はなかなかつかみにくいですが、大きく三つの路線でとらえることができます:

(1)1983年のデビュー以来の「冗談音楽路線」
(2)1986年頃からの「芸術派路線」
(3)1999年以降の「復活期」

 

(1)冗談音楽路線
1983年に、トレバー・ホーンが立ち上げたZTTレコーズから、正体不明のユニットとしてデビューしたアート・オブ・ノイズ。後に、アン・ダドリー(キーボード担当)、J.J.ジェクザリック(サンプリング担当)、ゲーリー・ランガン(ミキシング担当)と発表されましたが、全体を取りまとめていたのは、明らかにトレバーでした。

鍵を握ったのが元祖サンプリング・マシーンの「フェアライトCMI」。当時何百万円もした高級機材をアート・オブ・ノイズは大胆に使いこなし、世間をアッと言わせることに成功しました。

1984年のシングル「クロース(トゥ・ディ・エディット)」は全英8位のヒットになり、アメリカのダンス・チャートにも登場。どこまで本気か分からないこの「オトボケ・サウンド」が世界を席巻してしまったんです:
 

 
続くオトボケ路線が、巨匠ヘンリー・マンシーニのサウンドトラックを痛烈にパロった『ピーターガン』。これまた全英8位をはじめ世界的にヒットになりました。お耳にされた方も多いでしょう:
 

 
そして、この「冗談音楽路線」の頂点が、イギリスが生んだマッチョ・シンガー第一人者トム・ジョーンズを迎えて放った「KISS」!曲はもちろんあのプリンス殿下。これまた全英5位ほか世界中で大ヒットしました。
 

 
(2)芸術派路線
さて1986年頃から、グループの中で路線をめぐる対立も見られ、トレバー・ホーンのZTTレコーズから別のベーベル(チャイナ)へと移籍したアート・オブ・ノイズ。

このころの主導権を握ったのはアン・ダドリー女史でした。

アンは、後に映画のサウンドトラックの分野で大成功を収める才女で、彼女の「クラシック」への造詣が、アート・オブ・ノイズの「冗談なんだけど、どこか高貴」という不思議な雰囲気を作り上げていたんですね。

そんな彼女がリーダーシップを握ると、サウンドの傾向も自ずから「芸術的」な方向に大きく舵が切られます。

例えば、この曲「フィナーレ」のなんと美しいことでしょう!:
 

 
そして、この路線の代表作と言えば、『ロビンソン・クルーソー』。とってもクールでトロピカルですね〜:
 

 
よく考えてみれば、このようなアンビエント路線は、実は彼らのデビュー当初から内包されていました。例えば、1985年のこの曲『モーメンツ・イン・ラブ』の美しさはどうでしょう?後に何度も繰り返されるアート・オブ・ノイズのシグネチャー・ソングともなっています:
 

 
(3)復活期
さて、その後活動休止状態に陥ったアート・オブ・ノイズですが、1999年に入り、再びトレバー・ホーンのリーダーシップのもとに復活を遂げます。

元10ccの才人ロル・クレームを迎え、もちろんアン・ダドリー嬢にも入ってもらって放った新作が、『ドビュッシーの誘惑』です。

あの、誰もが知っているフランスが生んだクラシックの大家ドビュッシーへの心からの愛情を捧げて、さらに、そこにドラムン・ベースやラップなどの最先端なグルーブ要素も加味した壮大なトリビュートが出来上がりました。冒頭の『il Pleure(世紀の終わりに)』をお聞きください。クラシカルな美と超近代的な音像がマッチして、とても素敵な世界に連れて行ってくれます:
 

 
アート・オブ・ノイズは、その後2013年にリユニオン・コンサートを実施し、新曲も披露してくれましたが、皆さんお忙しい方々ですので、パーマネントな活動はもうこれ以上ないのかもしれませんね。

さて、アート・オブ・ノイズは、オリジナルに手を加えたリミックスなど、今では当たり前のことですが、当時としては超過激にリリースしまくりました。よって、多数のバージョン違いや、コンピレーション盤などがリリースされ、一体どれを聞けば良いのか迷ってしまうところです。

それでも近年、決定盤と呼べるアルバムが次々にリリースされましたので、ご紹介しましょう:

  • 「Into The Battle」:1983年9月リリース。これが正真正銘のアート・オブ・ノイズのデビュー作です。EP仕様ということで、フル・アルバムとは呼べませんが、デビュー・シングルの「ビート・ボックス」や定番の「モーメンツ・イン・ラブ」などを含み、彼らの個性は全てここに詰まっていました。2011年、Salvoレーベルのリイシュー盤は、全曲リマスターに加え、なんと18曲ものボーナストラックを追加した拡張盤です。これからお求めになる方には是非こちらをお勧めします →こちらからお求めいただけます:

 

  • 「Who’s Afraid of the Art of Noise?」:1984年6月リリース。「Into The Battle」の楽曲も織り交ぜながら、ヒット曲「クロース(トゥ・ジ・エッジ)」などもフィーチャーした、アートオブノイズの初のフル・アルバムです。これも、2011年に発売されたSalvoの2枚組拡張盤が決定的と言えます。オリジナルのリマスターに、BBCでのライブ・パフォーマンスを加え、DVDには当時のプロモ映像等も満載です(但し、このDVDはPAL方式なのでパソコンのみで再生可能)。 → こちらからご購入ください!

 

  • 「ドビュッシーの誘惑」:1999年の再生アート・オブ・ノイズによる意欲作。隙のない音作りからくっきりと浮かび上がるドビュッシーと最先端サウンドの融合!2008年の日本盤デラックス・エディションは、当時限定盤としてリリースされていたアウト・テイク集『Reduction』との2枚組特別復刻盤です。 → こちらでご覧いただけます:

 

  • 「Influence」:2010年にリリースされた2枚組コンピレーション・アルバム。アート・オブ・ノイズのデビューから再結成まで、レーベルを超えて彼らのキャリアの全体像を俯瞰した、お得なベスト盤です。「KISS」をはじめ全てのヒット・ソングに未発表音源まで全39曲。どれか一つ選ぶとしたら、このアルバムが最もお勧めです。→ こちらのAmazonでお求め下さい!

 

以上、アート・オブ・ノイズの知的でダークな音空間で、これからも遊んで行きたいですね!

 

<アート・オブ・ノイズ:関連記事>

orig_Art_of_noise1