バート・バカラック特集:「ウォーク・オン・バイ」

もちろんディオンヌ・ワーウィックの歌唱でお届けしましょう。1964年、全米6位。

とにかくなんという洗練の極み・・・。現代の作曲家達よ、くやしかったらこの足下にでも近づいてみい!


 

<バート・バカラック:関連ニュース>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です