上原ひろみ:新曲のレコーディング風景公開!

12

世界に向って羽ばたく注目のジャズ・ピアニスト上原ひろみ。

彼女のニュー・アルバム『ALIVE』が5月21日にリリースされます。

『ヴォイス』『MOVE』に続き、再びドラムにサイモン・フィリップス、ベースにアンソニー・ジャクソンを迎えたトリオ編成ということで、ますます息の合ったパフォーマンスを繰り広げてくれています。

それでは、緊張感あふれるレコーディング風景をご覧ください:

レコーディングは2月上旬にニューヨークで実施。

サイモン・フィリップスもアンソニー・ジャクソンも一切手抜きなしに超絶技巧をくり出す一方、上原ひろみも二人の「マエストロ」を相手に一歩も引かない堂々たるプレイを見せており、まさに『真剣勝負』そのもの。

収録曲はすべて上原ひろみのオリジナル。「時の流れとともに動いていく感情の流れ」がコンセプトだった前作に対し、今作は「生きる」という人生をテーマとした作品だそうです。

このビデオでも明らかなように、上原ひろみの作る曲はありふれたジャズ/フュージョン・ナンバーではなく、変拍子もビシバシ飛び交う高度にテクニカルなもの。エマーソン・レイク&パーマーなどのプログレシブ・ロックの影響も顕著で、とってもユニークですね(実際、これはほとんど『タルカス』みたいだし・・・)。

乞うご期待!

⇒『ALIVE』はAmazonで予約受付中です:

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です