デヴィッド・クロスビーの新作:本当に素晴らしいです

168894デヴィッド・クロスビーの新作ソロ・アルバム「Croz」は本当に素晴しいです。

透明感あふれるアコースティックな肌ざわりの中に、全盛期のクロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング(CSN&Y)を思わせる重層的なコーラスがちりばめられ、そのサウンドは非常に現代的。

ずばり、CSN&Yの伝統を引き継いで21世紀に昇華させているのは、「まさにデヴィッド・クロスビーなんだ!」と言いたいぐらいです。

彼を支えるのは実の息子のジェイムス・レイモンド。1998年から「Crosby, Pever & Raymond(CPR)」というバンドで一緒に活動したこともあり、今回も親子のコラボはバッチリです。

72歳とはとても思えないしっかりしたヴォーカルを聞かせるデヴィッド・クロスビー。先日は心臓発作に倒れて皆を心配させましたが、なんとか手術も成功したそう。まだまだ元気に頑張ってもらいたいものですね。

それでは一曲聞いてみて下さい。マーク・ノップラーがギターでゲスト参加した「What’s Broken」:

「Croz」はAmazonでお求めいただけます:
bt-amazon

 

 

おまけにCPRの映像もご覧ください。CSN&Yの「デジャ・ヴ」を現代的なパフォーマンスでよみがえらせてくれます。なんて素晴しいんでしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です