シール

最近、あらためてイイと思っているのが、Sealです。

颯爽とデビューしたのは91年。本当にシビレました。

とにかく、典型的な黒人音楽の感じがゼンゼンしないと言うか、何ちゅ~か、未来都市のイメージと言うか、孤独な肌触りで、洗練されてむちゃくちゃクールと言うか・・・。

で、しばらくまじめに追っ掛けてなかったんですけど、「ライヴ・イン・パリ」というDVDをレンタルしたところ、これが、あまりにもカッコいい!!ダークスーツに長身のシール。ギミックなしに、ひたすらクールに歌い上げる。その歌唱力!少人数のバック・バンドも猛烈にタイト!

スーパー・モデルのハイディ・クルムが一目ぼれしたのもうなづけます。

シールは、ナイジェリア人の父とブラジル人の母の間にロンドンで誕生。一時はホームレスだったというから、きっと苦労したんだ。子供のころの病気で、顔中に傷があるのも強烈な個性。並じゃない人生が、その音楽にも反映しています。

そして、出会ったのがトレバー・ホーン。彼の鉄壁のプロデュースで、一気に花開いたんです(殿堂もご覧下さい)。

そういう意味では、デヴィッド・フォスターにプロデュースさせた最新作「ソウル」は、精彩を欠いています。やっぱ、トレバーとのコンビでないと駄目なんですよ。宿命です。

⇒シールの全貌を知るにはこのベスト盤。アマゾンで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です