アラン・ホールズワース(Allan Holdsworth)発掘CD

allan-holdsworth-propensityアラン・ホールズワースの昔の作品が発掘されています。

今度は「Propensity」というアルバムですが、1978年、ベーシストのダニー・トンプソンというヒトとジョン・スティーヴンスというドラマーとのトリオで演奏したもの。

2008年に発掘された3枚のアルバム(「Conversation Piece」「Re-Touch」「Touching On」)と、だいたい同じ時期、同じようなメンバーによるもので、要するにその頃、みんなでセッションしてたテープが残っていたんでしょう。ホールズワースのマニア向けに、無理やり探し出してきたってのが実態じゃないでしょうか。

内容は、いわゆる「フリー・ジャズ」というやつで、とりとめもなく即興が続く感じ。10分以上の曲が2曲入っています。

ホールズワースのプレイは、一曲で12弦アコースティック・ギターを弾いているのがやや珍しいですが、あとはジャズ・ギター的に弾き飛ばしているだけで、別にどうということはありません。

ということで、でんど〜のようなアラン・ホールズワース・フリークは、何も考えず買うしかないのですが、よっぽどファンでない限り、お求めになる必要はありません

→それでも聴いてみようかという方は、こちらからどうぞ

2 件のコメント

  • え?7月日本に来るの?ジミー・ジョンソンとゲイリー・ハズバンド?最強じゃないっすか!!
    いいな、いいな。
    そりゃ、やっぱ見てやって下さい。ホールズワースが死ぬ前に!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です