『アナと雪の女王』:こうなると見ないわけにはいかないです・・・

unnamed

興行収入が日本だけで200億円を突破したとか。これは、「千と千尋の神隠し」「タイタニック」「ハリー・ポッターと賢者の石」以来の歴代4作めというんだからすごいです。

ディズニー・アニメを見なくなってから久しいですが、これは、遅ればせながら見ないわけにはいかないですね。

今はディズニー配下になった「ピクサー」のアニメは、『ファインディング・ニモ』を初めほとんど全部見てるんです。というか、ディズニーのお定まりのアニメに興味を失ったから、ピクサーを楽しんでたって感じでした。

最近のディズニー・アニメのイメージは、ステレオ・タイプの「元気な」キャラクターが出てきて、見なくても予想がつくようなストーリー展開で、やたらと「アメリカ的」に盛り上げる、単純な世界だと思い込んでいました。「まあ、良いな」と思えたのは1995年の『ポカホンタス』ぐらいまででしょうか。

『アナと雪の女王』には、何か今までと違う画期的な素晴らしさがあるんでしょうね。ストーリーなのか、映像なのか、やっぱり音楽なのか。監督が女性というのも影響してると聞きました。

必ず見ます。(飛行機の中でやってくれると楽でいいんだけど・・・)

 

ところで、松たか子のボーカルものすごいですね。こんなに歌唱力あるとはぜんぜん認識しておりませんでした:

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です