「やおや」をフィーチャーしたベスト・ソングはこれだ!

roland-tr-808-2

Flavorwireというサイトが「ローランド・TR-808を使った曲ベストテン」を発表しました。

TR-808(通称「やおや」)は、我が国が誇る黎明期のドラム・マシーン。1980年に発売されると、たちどころにその個性的な「音色」で、世界中のミュージシャンの創作意欲を刺激したものでした。

1位に輝いたのは、やっぱりマーヴィン・ゲイの「セクシャル・ヒーリング」。1982年全米3位。

この曲ではマーヴィン自身が、「チャカポコ」となんともチープな感覚にあふれるリズム隊をTR-808でプログラミングしており、「やおや」と言えばコレというシグネチャー・サウンドを確立。その後現在に至るまで、R&Bからラップへと、ブラック・ミュージック界で大いに使われることになったんです。

実は久我もTR-808を一台所有してたんですけれど、大昔に売ってしまいました・・・。今も持ってたら、ヴィンテージで価値あったと思うんだけどな〜・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です