続けて70年代ヒット特集:バッドフィンガーです!

続けて70年代ヒット特集:バッドフィンガーです!ビートルズの弟分的存在として1969年デビューしたものの、リーダーのピート・ハムが自殺するなど、「悲運のロック・グループ」とも言われます。それでも、残された名曲は永遠に不滅。1970年の「嵐の恋(原題:No Matter What)」は全米8位にまで登る大ヒット。パワー・ポップの源流がまさにここにあります。バッドフィンガー!

Posted by ミュージック・ライフ on 2015年7月15日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です