坂本龍一の「音楽図鑑」を代表する曲といえば、やっぱりこれですね、『TIBETAN DANCE』。「VERSION」も続けて。ドラム高橋幸宏、ベース細野晴臣、ギター大村憲司。今聞いてもポップだし、特別の完成度ですね。

Posted by ミュージック・ライフ on 2015年3月30日