久我が大好きなピアニストはパスカル・ロジェ。フランスものならなんでも素晴らしいですが、やっぱりフォーレとドビュッシーが特に良いです。決して重苦しくならず軽やかなんだけど、とてつもなくロマンチック。ドビュッシーでは、もちろんミケランジェリ大先生の決定的な演奏が存在し、パスカルの方が上だなんて言うつもりはないのですが、心から素敵なパリの気分に浸るには、彼の優しいピアノがいいんですよね・・・。

Posted by ミュージック・ライフ on 2016年1月31日