それでは、ワーグナーのさわりをひとつ、オペラ『トリスタンとイゾルデ』より『プレリュード』。指揮はメータ。陰鬱な導入部から、華麗かつ広大な景観が広がり、やがて転調に次ぐ転調をとげて、どこまでも極まっていきます。何度聞いても、この感動レベル…

Posted by ミュージック・ライフ on 2015年10月26日