ヘミングウェイの「移動祝祭日」を読みました。パリで過ごした若き日の想い出を、61歳で自らの命を絶つことになるヘミングウェイが、その死の直前にしたためたというメモワール。貧しさの中で、家族に支えられ、自らの信ずる文学の道を歩んで行こうとす…

Posted by 久我 潔 on 2015年11月7日