今朝の通勤時に、私をなんとか元気な気持ちにしてくれたのは、この曲。ハービー・ハンコックの『アイ・ソート・イット・ワズ・ユー』!ハンコック1978年の傑作アルバム「サンライト」より。レオン・チャンクラー(ドラム)とバイロン・ミラーの(ベース)の鉄壁グルーブに乗って、ハービー・ハンコックのヴォコーダーを駆使したヴォーカルと、キーボードが冴えまくります。ポップでたまらなくファンキー!ハービー・ハンコック!!

Posted by ミュージック・ライフ on 2015年10月14日