ニール・ショーンとヤン・ハマーといえば、こういうコラボもありましたね。あまりにも80年代初期風なのと、ニールのボーカルがイマイチで、ちょっと印象的には????でしたけれど・・・。

Posted by ミュージック・ライフ on 2015年4月2日