そのデイヴ・ギルモアの新曲『トゥデイ』です。なかなか良いです。それにしても、このヒトの音楽人生の盤石ぶりって見事ですね。ピンク・フロイドの正当な継承者として、ビジネス・モデルを回し続けられますし、飛び出たロジャー・ウォーターズが、どこまで行っても傍流に落ちちゃったイメージがあるのと好対照です。やっぱり、頭が良くってシタタカってことなんでしょうねー。いや〜デイヴ、あっぱれ!

Posted by ミュージック・ライフ on 2015年9月9日