おおっ、突然聞こえてきたテン・イヤーズ・アフター!『チェンジ・ザ・ワールド』じゃあ、ありませんか!なんて懐かしいんだろう。なんてカッコイイんだろう。そうか、あれは1971年だったのか。全米40位だったのか!アルビン・リーってもう亡くなっていたのか(2013年3月6日没、享年68歳)・・・。

Posted by ミュージック・ライフ on 2015年8月3日