Genesis-Selling-England-By-The-Pound英国プログレッシブ・ロック界の雄「ジェネシス」。

彼らの「音楽的な」最盛期は70年代前半まで。ピーター・ガブリエルがフロントに立っていた時期と、筆者は確信しております。

ピーターが脱退し、フィル・コリンズがヴォーカルを担当してから、ジェネシスは商業的に大成功をおさめますが、これは別のバンドと言っていいです。

ピーター・ガブリエル在籍時のジェネシスは、クラッシックを下敷きに、高度で複雑な曲構成を誇るとともに、どこかフォークなどに通じる多様さ・繊細さを持った、圧倒的に芸術性の高いグループでした。

また、ピーターの作り出す摩訶不思議な詞世界は、ライブにおける奇怪なコスチューム(狐、老人、騎士など)とあいまって、まさに「怪奇骨董音楽箱」の世界を作り出していたんです。

当時のアルバムは全て傑作と言えますが、あえてひとつ選ぶとすれば、1973年発表の「月影の騎士(Selling England by the Pound)」。

まず、曲目からして雰囲気満点なんです。「エピング森の戦い」、「五番目の入江」、「あなたの衣装部屋で」、「審判の後」、「シネマショウ」等々。舞台はイギリスの田園、森、湖、入江、月影の夜・・・。

double

ほかのプログレ・バンドが、すぐ「宇宙」とか「SF」に行ってしまうのに対して、ジェネシスは、英国の民話・伝承を受け継いだ幻想的な「御伽噺」を舞台にしていました。

それまで、やや技術的に未熟で、「ヘタウマ」な感じもあったジェネシスですが、この「月影の騎士」では、メンバーの演奏テクニックも非常に高いレベルに達しており、独特な音世界を自在に構築できるまでになっていました。

息をひそめた静寂から、壮大で力強い空間表現まで、5人のメンバーは正に一糸乱れぬチーム・ワークで、ダイナミックに演奏を繰り広げます。

原動力となっているのはフィル・コリンズ。筆者は、彼のヴォーカルは、今でも大嫌いなんですが、ドラムの腕前には脱帽せざるを得ません。強烈なテクニックで、バンド全体をグイグイひっぱって行きます。

音楽的な主柱はトニー・バンクスです。クラシカルな曲造りのリーダーシップを握るとともに、ハモンド・オルガン、ピアノに加えメロトロン、アープ・シンセサイザーなどを駆使して、実に感動的な音空間を構築しています。

スティーヴ・ハケットは哀愁度満点のギターで、マイク・ラザフォードは、リッケンバッカー・ベースから12弦ギターまで、とっかえひっかえ、しっかり貢献しています。

そしてピーター・ガブリエル。

騎士になり、農民になり、ロミオになり、彼こそが我々を白昼夢の世界にいざなってくれる主人公でした。

アルバムの白眉は、ラストをかざる「シネマ・ショウ」。後半部分を埋め尽くす7拍子のインタープレイは、フィル・コリンズのテクニックと、トニー・バンクスの音楽性が全開する一大スペクタクル。何度聞いても鳥肌モノです。貴方が、もしこの曲とイエスの「危機」を聴いて、両方ともピンと来なかったら、プログレには縁がないとあきらめていただいて結構です。それほどの文句なしの傑作です。

それでは、「シネマ・ショウ」をぜひ、お聞きください:

あくまで繊細に、そしてダイナミックに、音楽の美と陰影をつむぎ出していく。ロックというジャンルがどこまで表現の幅を広げうるか。ジェネシスはまちがいなく、その頂点を形成しているのです。

⇒ジェネシスの「月影の騎士」:最新のブルーレイ・オーディオではいかがでしょうか?

bt-amazon

 

 

 

さて、やっぱり、ジェネシスの当時のアルバムは全部聴いてほしいです:

genesis nursery

怪奇骨董音楽箱 Nursery Cryme:
フィル・コリンズ初加入の71年作。これで、バンドの骨格は固まりました。「ジャイアント・ホグウィードの帰還」「ミュージカル・ボックス」など、ミステリアスな魅力に満ちています。
bt-amazon

 

 

 

Genesis-Foxtrot

フォックストロット Foxtrot:
72年の本作をもって、ジェネシスの音世界は完成します。ライヴの定番「ウォッチャー・オブ・ザ・スカイズ」のメロトロンによるイントロは、ほとんどワーグナーの序曲に匹敵。さらに、「サパーズ・レディ」は、あらゆる要素を詰め込んだ23分におよぶ超大作。感動!
bt-amazon

 

 

The Lamb Lies Down On Broadway

眩惑のブロードウェイ The Lamb Lies On Broadway:
ガブリエル在籍時の最後を飾る、74年の問題作。舞台はニューヨークに飛んで、プエルトリコ人の主人公が現実と幻想の世界をさまよう、アルバム2枚組の叙事詩。怒涛のようにあふれ出るガブリエルの着想と歌詞に、ただ圧倒され、それをかたち作るバンドの創造力にも脱帽。崩壊に至る緊張感が、たまらなく良いです。
bt-amazon

 

 

 
<ジェネシス:関連記事>